Browse Month by 10月 2016
未分類

遅い原因は?

wifi電波の提供できるエリア拡大が追いついておらず、困っている方が多くいらっしゃると思います。遅くなる原因として考えられるのは以下の二つです。1つ目は提供を初めて間もなく、Wimaxの登場とアイフォンを含めたスマートフォン、携帯ゲーム機の爆発的拡販に対してエリア拡大の提供が追いついていなかったためです。携帯のLTE通信エリアとは別途の扱いになってしまっていたため、別々に基地局を整備する必要があり、提供する側が莫大な投資をする必要がありました。

2つ目は利用者増加による速度の混雑化です。これも上記に関連していますが、適用エリア内で携帯電話や携帯ゲーム機を用いて通信を使うユーザーが多くなってしまい、エリアが狭い分、エリア内で通信する機器が集中していくので、最初から規制をかけざる負えない状況になっています。結局は携帯電話の通信と一緒で、何GBでいくらだとか無制限でも通信速度を一定の速度まで制限せざる負えない状況になってしまっています。この制限も速度を遅くさせている原因になっていることは言うまでもないと思います。

もちろんこれ以外にも天候不順等自然に左右される通信の不安定化などもありますが、人工的な原因が大きいと思うのでこちらは理由としては薄いかと思われます。

未分類

ポケットwifiが遅い

ポケットwifiが遅いと感じることが多々あります。それは都市部や郊外部、人の多さなどに関係なく起こっていると思われます。場所を取らず持ち運びが便利であるという携帯性に加え、近年はスマートフォンのように料金定額制も出てきています。特にスマートフォンの速度規制及び量を決められた料金面の対策として、導入されている方も多くいらっしゃいます。しかし、速度が遅いということで、使おうという気を失ってしまう人も少なからずいらっしゃると思います。通信速度の低下は何故起こってしまうのでしょうか。

大きく分けて2つあると思います。一つはwifi電波を提供できるエリア拡大が追いついておらず、エリア外になってしまう場合が多いこと、もう一つは利用者増加による、回線の混雑でしょう。日本人は新しいものに飛びついて、その後はしっかりとした安定性及びサポート性を求めていきます。しかし事実、速度の低下が昨今著しく指摘されています。

それらの対策をしていくためには、第一にユーザーにも理解してもらうこと、第二に通信網を提供する側は問題意識の明確化を行い、今後の対策をしっかりと見出し、より多くのユーザーに長く使ってもらえるようにwifiルーター提供会社の努力が必要不可欠になってきます。また、速度だけでなくオプションや機器内のサポートの充実もこれからのポケットwifiを拡販していく上で重要なポイントになっていくのではないでしょうか。