未分類

ポケットwifiが遅い

ポケットwifiが遅いと感じることが多々あります。それは都市部や郊外部、人の多さなどに関係なく起こっていると思われます。場所を取らず持ち運びが便利であるという携帯性に加え、近年はスマートフォンのように料金定額制も出てきています。特にスマートフォンの速度規制及び量を決められた料金面の対策として、導入されている方も多くいらっしゃいます。しかし、速度が遅いということで、使おうという気を失ってしまう人も少なからずいらっしゃると思います。通信速度の低下は何故起こってしまうのでしょうか。

大きく分けて2つあると思います。一つはwifi電波を提供できるエリア拡大が追いついておらず、エリア外になってしまう場合が多いこと、もう一つは利用者増加による、回線の混雑でしょう。日本人は新しいものに飛びついて、その後はしっかりとした安定性及びサポート性を求めていきます。しかし事実、速度の低下が昨今著しく指摘されています。

それらの対策をしていくためには、第一にユーザーにも理解してもらうこと、第二に通信網を提供する側は問題意識の明確化を行い、今後の対策をしっかりと見出し、より多くのユーザーに長く使ってもらえるようにwifiルーター提供会社の努力が必要不可欠になってきます。また、速度だけでなくオプションや機器内のサポートの充実もこれからのポケットwifiを拡販していく上で重要なポイントになっていくのではないでしょうか。