Browse Month by 11月 2016
未分類

速度別に選ぶ

無線インターネット機器は数多くの業者が出しています。もちろんその回線を提供している会社によっても速度は大きく変わってきます。単純に速度を選んでいくのであれば無制限のプランを控えるべきです。2~3GBの少ない容量で契約し、別のルーターやSIMカードを用いることで、速い速度を保つことができるでしょう。ただしその後の容量が切れたあとは速度が下がってしまうことが多いので注意が必要です。

会社ごとで変わる理由は帯域の違いとユーザー数の違いです。無論、ユーザーが少ないほうが早い可能性は高いです。ただし、長い目で見ると後々の基地局拡充への投資は厳しいと思われるので、少し差があっても大手のキャリアを使い続けることで、長く同じルーター通信を契約していくべきではないでしょうか。帯域は各キャリアで違っているので専門サイトや経済誌などで最新の情報とプランを比較して検討するべきです。

TOPIC-モバイルWi-Fi最安リサーチ! | モバイルWi-Fiルーター&ポケットWi-Fi比較サイト

速度で選ぶのであればUQモバイルが一番早いと言われています。Wimaxの名前を一気に日本中に広めていったキャリアです。また携帯キャリアのauとの提携もあり、これからスマートフォンの通信網を用いて、さまざまな連携も期待できるのではないかと思います。

未分類

遅いときの解消法

遅いときにはどうしたらよいのでしょうか。まずは人の混雑を避けることです。通信している人が少しでも少ないところに移動することで、通信速度は安定します。さらには少ないことで一つの機器に届く電波帯が大きくなり、速度も自ずと速くなっていきます。都会の真ん中では無数の人が通信を使っているので、この手段だけでも一定の効果を得られることが期待できます。

もう一つは提供する側の投資です。携帯キャリアがスマートフォン用電波の基地局の拡充、次世代通信の開発を行っている中で、Wifiルーターを提供する会社も同時にルーター用の基地局を増設し、よりよく使えるような環境整備をすることが不可欠です。auとUQのような携帯キャリアとWifi提供会社の提携もこれらの投資についてはとても有効な手段ではないでしょうか。

これらは片やユーザー、片や通信会社などと一方が努力するだけでなく、長いスパンで考えてウィンウィンの関係を作るためにも片方だけが頑張ってもだめなのです。お互いが譲りあい、手と手を取り合えるようなことをしていかなければいけないのです。それでも改善できないのであれば、会社を変えて適応させていくことも検討してみましょう。