未分類

遅いときの解消法

遅いときにはどうしたらよいのでしょうか。まずは人の混雑を避けることです。通信している人が少しでも少ないところに移動することで、通信速度は安定します。さらには少ないことで一つの機器に届く電波帯が大きくなり、速度も自ずと速くなっていきます。都会の真ん中では無数の人が通信を使っているので、この手段だけでも一定の効果を得られることが期待できます。

もう一つは提供する側の投資です。携帯キャリアがスマートフォン用電波の基地局の拡充、次世代通信の開発を行っている中で、Wifiルーターを提供する会社も同時にルーター用の基地局を増設し、よりよく使えるような環境整備をすることが不可欠です。auとUQのような携帯キャリアとWifi提供会社の提携もこれらの投資についてはとても有効な手段ではないでしょうか。

これらは片やユーザー、片や通信会社などと一方が努力するだけでなく、長いスパンで考えてウィンウィンの関係を作るためにも片方だけが頑張ってもだめなのです。お互いが譲りあい、手と手を取り合えるようなことをしていかなければいけないのです。それでも改善できないのであれば、会社を変えて適応させていくことも検討してみましょう。